海外ではどんなマッサージが受けられるのでしょう?

>

道具を使って施術を行います

足つぼマッサージ

足の裏には沢山のツボが集まっています。これらのツボを刺激して疲労を回復する事を目的としたのが足裏マッサージです。足裏マッサージは、肘や棒を使いゴリゴリと足の裏をもみほぐします。疲れがたまっているとかなり痛い事もあるようです。
足の裏を刺激する事が健康に効果的という考え方は世界共通のようで、足の裏の反射区と呼ばれる場所を指で刺激して疲れを取る英国発祥の足裏マッサージ、リフレクソロジーもあります。こちらは道具は使わずに指で反射区を刺激してリラックスをする効果も狙っています。
アジア圏では「痛ければ効く」という考え方に対し、欧米人は元々痛みに弱いため強い力で押す足つぼマッサージとは違うリフレクソロジーが生まれたという説もあります。

鍼灸

鍼灸は日本発祥の施術です。鍼や灸を使う事によりツボ(経絡経穴)を刺激して血行をよくしたり、身体の体調を整えることを目的としていますので、ある意味マッサージの一つと言えましょう。
鍼灸師は国家資格の必要なものです。マッサージ店で「鍼灸も施術します」とありますが、もちろん国家資格をもっていなければ鍼灸の施術は出来ません。
副作用がほぼないため、医療にも幅広く取り入られており病院での施術も行っています。
病気になり薬と併用して施術されることも多く、医療関係施設では健康保険も適用されます。
また美容目的で主に顔などに鍼をさして顔のむくみなどをとり、小顔やリフトアップ効果を目的とした美容鍼もあります。普通の鍼灸と違い、皮膚の浅い部分にさして経絡経穴を刺激します。


この記事をシェアする